1. TOP
  2.  > 布ナプキンについて
      
      布ナプキンについて
      布ナプキンは女性の心と体を整え、守るだけでなく、エコで地球にやさしく、とても経済的です。
      使い捨ての紙ナプキンの素材は、ポリエチレンなど石油由来の素材です。
      塩素系漂白剤などの有害薬品も一部使用されており、燃やせばダイオキシンがでるともいわれています。
      人は経皮吸収といって、皮膚からも触れたものを吸収します。
      腕の内側を1とするとナプキンをあてる性器からの吸収率はなんと42倍!
      その有害物質は少しずつ女性の体内に取り込まれて子宮内膜症などになる可能性があると
      いわれています。そして布ナプキンのいいところは「あたたかい」こと。
      紙ナプキンは自分の流した汗や経血で体を冷やしてしまいますが、布ナプキンではそれがありません。
      布ナプキンもとても有効な冷え対策グッズなのです。


      布ナプキン生活で生まれた時の体をとりもどそう!
      布ナプキン生活を始めると...

      *生理痛が緩和される
      *生理日数が短くなる
      *月経血もトイレで出すことができるようになってくる
      *生理期間中の便秘、お腹が緩くなるなどの症状が緩和される
      *生理期間中のイライラが緩和される
      *皮膚のデリケートな人でもかぶれにくい

      生理の不快感でお悩みの方は、ぜひ布ナプキンにも目を向けてみてください。



      布ナプキンの種類
      *交換タイプ
      ホルダーと吸収パッドライナーが別になったタイプ。ホルダーはショーツにスナップで固定でき
      量に合わせてパッドを調整。パッドはホルダーポケットに差し込むだけ。
      ホルダーはパンティーライナーとしても使えます。
      *プレーンタイプ
      一枚の布を好みの厚さに折りたたんで使うタイプ。
      たたみ方を変えれば装着面を清潔に保てます。交換タイプを重ねて使うライナーにもおすすめ。



      布ナプキンの使い方&洗い方   

      使いはじめる前に
      初めて使用する布ナプキンは吸収力を高めるために下洗いをしましょう。
      オーガニックコットンは天然由来の油分が豊富に残っています。
      洗濯機で洗っていただくたけで簡単に落ち、経血も吸収されやすくなります。

      お洗濯について
      布ナプキンを使ったことのない方にとっては、洗濯が一番大きな問題かも知れません。
      でも大丈夫。思っているよりもずっと簡単です!

      用意するもの
      *つけ置き用容器 
      家族や一緒に住んでいる人へのエチケットとして、ふたつきがおすすめです。
      アルカリ性洗剤を使う場合はアルミや木製のものは黒く変色する恐れがあるので避けてください。
      *アルカリ性洗剤
      käsi-friendlyでは「オーガニックコットンのための洗濯パウダー」をおすすめしていますが
      必ずこれじゃないとだめ!ということはありません。
      経血の吸収力を保つためにも柔軟剤の入っていない洗剤がおすすめです。
      お洗濯が負担になって、布ナプキン生活が苦にならないようにいろいろと探してみてください。

      step1 予洗いをする
      余裕のあるときは、つけ置きする前にさっと水かぬるま湯で洗います。
      表面の経血を落としておくと、その後の汚れ落ちがよくなりお洗濯が楽です。

      step2 つけ置き洗いをする
      洗濯溶剤をとかした水がぬるま湯に布ナプキンを浸します。
      ニオイの気になるかたはティーツリー、ラベンダーなどのエッセンシャルオイルを
      数滴いれておくと殺菌、消臭作用があります。汚れの程度により2時間〜1日浸けておきます。

      step3 洗濯機で洗う
      かるく手洗いした布ナプキンをネットに入れて洗濯機で洗います。

      step4 干す
      型崩れや生地のよれを防ぐために形を整え、できるだけ、外で日光にあてて干してください。
      プレーンタイプなら、干していてもかわいいハンカチにしか見えません!

      外出先では
      外出時に使った布ナプキンは、帰ってきたら経血が固まってとれにくいことがあります。
      そんな時はスプレーボトルに濃いめに作った洗濯溶剤をいれておき、使用後の布ナプキンに
      シュッと吹きかけるだけ。乾燥から守るとつけ置きの際の落ち具合が違いますので、お試しください。



      布ナプキンは、自分で洗わなければいけないもの。
      紙ナプキンなら、1回ごとにポイと捨ててお終いですが、それをいちいち洗うのですから
      最初は面倒かもしれません。でも自分で洗ってみると思っていたより匂いも少なくて
      これも自分の体の一部と思うと不思議と不快に思わなくなってきました。
      布ナプキンを使うことで生理の受け止め方、体の変化を感じることができます。
      環境への配慮と体へのいたわり、布ナプキンを通して実感してみてください。








Contents